チリ、ニュージランド、中国、ベトナム、南洋材の木材加工品、合板、梱包材、建築資材を扱う専門商社

株式会社ウッディ

  1. ホーム
  2. さくらめくり ~社活暦~

さくらめくり ~社活歴~ 桜井木材グループの年間活動の歳時記として

2019 初詣

去る1月4日、櫻井木材グループ有志とその家族・総勢35名で豊川稲荷へ初詣に行ってきました。
境内は、たくさんの参拝客や出店で賑わっていました。



こちらは、筆者と同行者が人波に流されて先に参拝してしまった時の写真です。
後の御祈祷と併せて二回お参りした事で、御利益が倍になったりはしないだろうか?と少し期待をしています。


この後、無事に集合場所までたどり着けました。
全員でご祈祷を受け、本年も素晴らしい一年となるよう祈願してきました。
歴史ある寺社の本堂に入らせていただく、貴重な経験ができました。


お昼は藤井屋さんで鰻をいただきました。
筆者が食いしん坊な為、写真を撮る前に食べ始めてしまいました。
どのお料理もおいしかったです。



新入社員は、挨拶と今年の抱負を述べました。
新卒・中途入社など、挨拶をする人達は年齢も性別もばらばらです。
去年のお正月には接点がなかったのに、今年は一緒に初詣をしている。
改めて考えると不思議な気もしますがこうしたご縁から繋がっていく関係を、大切にしていきたいです。
バラエティ豊かな新入社員達の抱負に、先輩方は温かい拍手をくださいました。


本年も、櫻井木材グループを宜しくお願い致します。

2018 忘年会

12月7日 櫻井木材グループの忘年会をいたしました。
今年は名鉄グランドホテル 北京宮廷料理 涵梅舫 で行いました。

まずは社長から一年を振り返り、未来の櫻井木材グループに期待を込めた言葉をいただきました。



櫻井のメンバーは空気を読みます。長い前置きはなし。大事なことはポイントを押さえ、短めのスピーチで乾杯!!!
みな笑顔で食事と会話を楽しみます。

入社間もない方や勤務地が異なる社員同士が交流できる場でもあり忘年会+αの意味を持つイベントとなっています。
もちろんお料理にも感動。
フカヒレが出てきたときには思わず撮影してしまいました。



中締は部長が登場。
毎年一本締ですが、今年は趣向を変えて、
流行語大賞にもなった「そだねー」で締めました。



「来年は皆でHAPPYになりましょう!」
「そだねー!」
前向きで気分がよくなります。

ところで 涵梅舫 読めますか?
カンメイホウ と読むんです。
社員の何人が正確に読めたのでしょうか。
味は誰の舌にも間違いなく最高に感じたことでしょう。

櫻井木材グループは来年もお客様のお力になれるよう全力でお手伝いいたします。

40年間お疲れ様でした

2018年11月30日付けで、長年弊社で勤められた方が勇退されました。
勤続年数はなんと・・・40年!!


当日は、会長、社長、社員が集まり、お別れ会が催され
共に櫻井木材を支えてきた同僚達と別れを惜しみました。



お酒好きの方ですので、社内有志からサプライズで
白ワインとキャビア、花束が贈呈されました。




弊社会長と。


最後は謝意を込めた温かな拍手が送られました。
本当にお疲れ様でした。

新潟出張報告

弊社の特徴の一つとして、取り扱っている商品である木材を現地で実際に見るための
国内外問わずの出張があります。

11月9日、新潟の某合板工場で工場見学をさせて頂きました。




工場の方からの説明を熱心に聞きます。




実際の製造工程に沿って分かりやすく案内して頂きました。

私たちの扱っている商品がどのような工程を経て生産されているか実際に見ることで、
普段の業務の中での疑問も解決することが出来た大変有意義な出張となりました。
出張先で見たことを知識として収め、今後の営業活動に活かしていきます。







出張先での美味しいご飯も出張の魅力の一つです。
今回は新潟の特産物をたくさん頂きました。大変美味しかったです(筆者談)。

社内勉強会・研修会をしています。

弊社の自慢できるポイントのひとつとして

研修制度・スキルアップ支援があります。

今回は、社内での勉強会と研修を2部制で行いました。

第一部は勉強会。講師は弊社の大御所社員です。



全員が共通の見解をもって仕事に取り組めるように、業界に精通した講師が熱弁をふるいます。

社員だけの勉強会ではありますが、質問も多く意義のある時間となりました。


第二部は若手向けの研修です。

こちらは外部より講師をお招きして昨今の情勢をふまえての営業向け研修です。



若手は全員参加!積極的に学ぶ機会を得ています。

弊社の社長も参加しています。

若手営業マンにとっては、簡単に実行に移せるポイントが多く

ベテラン社員にとっては、再確認になる良い研修となりました。

専門知識を持った方に質問ができる機会ともなり有意義な研修でした。


社長も社員も日々成長する櫻井木材グループに期待してください。