チリ、ニュージランド、中国、ベトナム、南洋材の木材加工品、合板、梱包材、建築資材を扱う専門商社

株式会社ウッディ

  1. ホーム
  2. さくらめくり ~社活暦~
  3. 出張報告

さくらめくり ~社活歴~ 桜井木材グループの年間活動の歳時記として

2020年9月 新潟出張報告

私は入社1年目の営業です。
今回商品知識を深める為、希望者6名と共に新潟の某合板工場2社で工場見学をさせて頂きました。



木材から単板を切り出し、乾かしてから貼り合わせることで合板を製造しています。



それぞれ形の異なる木材を機械と人の手により均一化し、合板になります。

弊社で生産していない合板を、製造工程から見学できる機会はなかなかありません。
今回の出張で得た知識を使って、より魅力的な提案ができる営業マンになれるよう邁進してまいります。






新潟の食事は大変美味しく、食用菊や地酒、新潟ラーメンなどついつい食べ過ぎてしまいました。



太麺で、魚介の出汁が出た濃口醤油味の新潟ラーメン




帰路では、弥彦神社へ参拝してきました。他の同行者は何をお願いしていたのでしょうか。
私は自身の健康と、これ以上お腹が出ないようにと祈願しました。

チリ出張報告

弊社木材部から6年目の営業がチリへ出張してきました。
木材部のメイン商材はチリ産のラジアーターパインです。
今回の出張ではラジアーターーパインの苗から出荷するまでの
一連の流れの視察、お客様のご要望をお伝えするという目的がありました。



日本の植林のイメージとは違います。


実際の生産現場を見ることは営業の強みとなります。

日本からチリへの直行便はありません。
チリへ行くには飛行機に乗っている時間がなんと24時間ほどになります。
トランジットも含めると、26時間以上かかりますから、なかなかハードですね・・・。

チリの食事は大変美味しかったそうです。




今回の出張によりお取引先様のご要望を直接つたえることができました。
これにより品質の改善や商品の安定供給に期待ができます。
櫻井木材グループは、今後もお客様のご要望にお応えするよう努力していきます。

新潟出張報告

弊社の特徴の一つとして、取り扱っている商品である木材を現地で実際に見るための
国内外問わずの出張があります。

11月9日、新潟の某合板工場で工場見学をさせて頂きました。




工場の方からの説明を熱心に聞きます。




実際の製造工程に沿って分かりやすく案内して頂きました。

私たちの扱っている商品がどのような工程を経て生産されているか実際に見ることで、
普段の業務の中での疑問も解決することが出来た大変有意義な出張となりました。
出張先で見たことを知識として収め、今後の営業活動に活かしていきます。







出張先での美味しいご飯も出張の魅力の一つです。
今回は新潟の特産物をたくさん頂きました。大変美味しかったです(筆者談)。